読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブリース

headlines.yahoo.co.jp

近頃、なにかと話題のサブリースです。

 

・問題点1 賃料の減額請求

契約にかかわらず賃料の減額を請求されるおそれがあるという「不確定要素」を含んだリスクのある契約となってしまいます。この点についてはいろいろな見解もあり、簡単に減額が認められるということではありません。

借地借家法32条1項

建物の借賃が、土地若しくは建物に対する租税その他の負担の増減により、土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動により、又は近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となったときは、契約の条件にかかわらず、当事者は、将来に向かって建物の借賃の額の増減を請求することができる。ただし、一定の期間建物の借賃を増額しない旨の特約がある場合には、その定めに従う。

 

・問題点2 普通借家契約

サブリース会社であっても更新を希望した場合は正当な理由がないと拒否できません。

 

賃料減額されたあげく、解約できないとなると、大変なことです。エンドテナント⇔転貸事業者は儲けがでても、転貸法人⇔オーナーで赤字だと意味がありません。

 

なお、申告書を作成する立場からすると、リース契約が一本ですから、面倒ではないというメリットがございました。。