読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 Kindle unlimited で無料で読めます。

(資産運用)

・資産運用は国債(変動10年型)と株式の投資信託のみ。

投資信託は99%は検討にあたいしないゴミ。

・素人が手をだすべき投資信託は二つでいい。→手数料が安い。→詳しくは本書。

・毎月分配型はボッタくり。

・金、先物、FXなどは手をださない。

・証券会社はネット証券で十分。

・銀行には個人向け国債以外、何一つ買うべきものはない。ただし、個人向け国債は儲けがあまりないので、儲けがでる投資信託を進めてくる。→銀行では絶対に金融商品は購入してはいけない。→自分の親が退職金をつぎ込もうとしていたら止める。

・外貨預金は絶対にやらないほうがいよい。→完全に銀行のカモ。手数料が恐ろしく高い。外貨預金はコイントスと一緒。金融知識のない人(主に高齢者)から銀行が手数料稼ぎに利用されている。

(マイホーム)

・家は買わなくてよい。

・これから人生が動く若い人は賃貸が無難。

・もし買うなら、ローンを極力早く返す。

・ローンを払いながら株に運用は絶対にやめる。→返済に勝る運用はない。

(保険)

医療保険に入る必要はない。

金融商品に「保険」と「貯蓄」という二つの機能を持たせるのはよくない。→中身を複雑にして売りつけるの金融マンの得い技。

・生命保険はネットの生保で残される家族の人数×1,000万円でOK。

・掛け捨て、死亡保障のみ、特約なしでOK。

 

投資や保険は基本的にはシンプルなものなのに証券会社や保険会社が複雑化して売りつけているだけとのこと。

投資は国債と一部投資信託。家は賃貸。保険は安い掛け捨てのみ。それで堅実に生きれば十分ということか。

この本は読んだほうがいいです。