クラウド会計と某大手会計ソフトを考えてみた。

事務所に届いたTKCさんからのDMに、TKC代表取締役社長の講演記事が載っていて読んだのですが「クラウド会計」をボロクソに言っていて面白かったです。TKCも上場企業として営利を追求する必要がありますから、経営上の危機感を抱いているということなのでしょう。TKCシステムを会計法規、会社法、税法などに完全に準拠したシステムとする一方で、クラウド会計を会計法規、会社法、税法などを無視して利便性を追求したシステムと切捨てております。また、クラウド会計は過去に溯って追加・削除・訂正ができるため、簿記・会計の大原則を無視しており、決算書等の信頼性は極めて疑わしいと主張されております。また、このことに気づいていない税理士がいることや、この動きに金融機関が乗っていることを憂えておりました。

 

私も以前の職場でTKCのソフトを使っていたことがあり(e-consoliTaxというソフト)システムへの信頼性は抜群だったと記憶がありますし、TKCのソフトがとても信頼できるというのはよく聞く話です。

 

実際のところ、クラウド会計でなくてもTKC以外の会計ソフトは昔から遡って仕訳を直すことは可能だったと思いますので、台頭するベンチャー系のクラウド会計(たぶんMFとかFreeeとか)をターゲットに発言されているものと思います。

 

当事務所はJDL、Asaas、MFクラウド、Freeeなどを会社の規模や業態によって使い分けて使用しています。事務所の帳簿はMFクラウド会計を使用しております。

MFクラウド会計を利用して、銀行取引はネットバンキングで取りこみ、自動仕訳機能で取り込みます。自動仕訳を登録すればするほど精度が向上し、ほぼ修正が不要です。売上はMFクラウド請求書で請求書作成と同時に(売掛金/売上)で仕訳が自動作成されます。毎月定額の報酬は請求書自動発行機能を利用しているため請求書作成の手間もかかりません。給与についてはMFクラウド給与で自動で仕訳が取りこまれます。現金取引はMFクラウド経費を利用してレシートをスマホOCRで取りこんで自動で仕訳が入るようにしています。

 

毎朝、数分の作業で常に最新のリアルタイムの数値が見れる状態です。この手間のかからなさに慣れてしまうと他の会計ソフトに戻れなくなってしまいました。朝、事務所に行ってコーヒー飲みながら片手でマウスをいじって数分で終了です。TKCシステムにもクラウド会計ソフトにも長所短所があり、どちらがいいとは言えませんがいろいろな選択肢があるというのはいいことなのではないでしょうか。