国税クレジットカード納付をした場合のダイナースのポイント付与は200円に1ポイント。

しばらく前の話になるのですが、事務所の源泉所得税をクレジットカード納付いたしました。当事務所は納期の特例の適用を受けておりますので1月から6月分の給与に係る源泉所得税を7月10日までに納付する必要があります。

 

お恥ずかしいことなのですが、納期限の当日(つまり7月10日)の夜7時に自分の事務所の源泉所得税の納付を忘れていることに気づいたわけであります。クライアントの納付手配が完了したことで安心しきっておりました。

いつもはダイレクト納付を行なっているのですが、夜7時ですと、銀行のネットバンクが稼働しておらず期限後納付になってしまうおそれがあります。納付が1日でも遅れると不納付加算税が課されます。ただし、期限後納付が初回であれば納付の意思があったということで不納付加算税は課されないけどリーチとなります。

 

やっちまったーと心臓がバクバクしたところで、今年からスタートしたクレジットカード納付を思い出しました。クレジットカード納付であれば、決済時に納付したことになりますから夜の7時すぎでも期限内納付となります。さっそく(当事務所は税理士法人なので)法人カードで決済しようと思ったら限度額が15万円しかなくて決済ができない。ふざけんなと思ったところで、個人のカードで決済できるのでは思い調べると、名義が異なるカードでも決済できるということがわかり実行。クレジットカード納付のおかげで無事納付することができました。もちろん源泉税相当額は後日、法人口座から個人口座へ移しました。

 

ちなみに、このお支払いサイト、シンプルで使い勝手はいいのですが、サイトの雰囲気が国税というお堅い感じがせず、なんかダミーのサイトではないかと怪しむレベルです。

kokuzei.noufu.jp

 

余談ですが、そこそこの金額だったのでポイントもそこそこ付くと思ったのですが、ダイナースの場合、税金の納付については200円に1ポイントでした。ポイントはいつもマイルに移行しているので、手数料を加味しても十分クレジットカード納付するメリットがあると思いました。ちなみクレジットカードのポイントは還元率の高いマイルに移行するに限ります。

※金額がマイナーなんで私の場合は問題ないですが、法人の支払いを個人カードで決済してて付与されたポイントの経済的利益が50万円を超えると一時所得とかになってしまうのでしょうか。